日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 八ヶ岳 > 横岳 > 横岳縦走ルート

八ヶ岳山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート
横岳縦走

横岳j縦走登山ルート概要

横岳の縦走路は 八ヶ岳の中でも最もおすすめの登山コースの一つです。

行者小屋から地蔵尾根を登り、赤岳から連なる主稜線上にある「地蔵の頭」から横岳に向かいます。
まず目に入るのが二十三夜峰と呼ばれる小さな岩峰で、その基部に架かる梯子を登り、右側を巻いて通過します。
さらにその先にある小さなピークは、右側を巻いて短い梯子を登り、さらに右側から巻きハイマツ帯を抜けると稜線に出ます。
稜線に出て正面の日ノ岳を望むと、山頂の右にあるルンゼ状の岩壁に鎖がかかっているのが見えています。

日ノ岳の基部で右方向に直角にトラバースしてからルンゼ状の一枚岩に取り付きます。
トラバースする所の足場はしっかりしている上、鎖が設置されています。
崖下側の傾斜は30度ほどで高度感はありませんが、積雪期には鎖が雪に埋まる為、滑落には注意が必要な場所です。
また、濃霧時には右方向へのトラバースを見落とし、ルートを見失いやすいので注意してください。
一枚岩の傾斜は40度くらいで両側に鎖が設置されてますので問題なく登れます。
ここが横岳の第一回目の核心部と言ってよい所です。

横岳は「高山植物の宝庫」と呼ばれる山で、特にこの核心部を登り切った所は横岳最大のお花畑が広がり、 開花の時期になると百花繚乱です。

核心部を通過し、日ノ岳を登り切ると再び稜線に出て、今度は茅野側をトラバースする様に進みます。 トラバースする登山道の幅は広く足場もしっかりしていて危険はありません。 茅野側がすべて見渡せ、行者小屋、赤岳鉱泉の建物が緑の中に象徴的に見えています。

トラバースを終え、「峰岳」に向かって登る所には鎖場がありますが、ホールドがしっかりあり問題なく稜線に立つことが出来ます。
稜線に沿って登って行くと、「石尊峰」と書かれた石標が立つ平坦な小ピークです。ここは360度の展望がある休憩の最適地です。

小ピークから少し下ります。「三叉峰」の手前の岩陵は左に巻くのが正式ルートですが、右に巻き踏み跡をたどっても通過できますし、 岩陵を直登りしてもOKです。

「三叉峰」の基部を右から巻くと杣添尾根分岐で、 「三叉峰」頂上は杣添尾根分岐の上方10mほどの所にあります。 「三叉峰」より「奥の院」を望むと「無名峰」の先に山頂だけが見えています。

なだらかなピークの「無名峰」をやり過ごし、「奥の院」の基部にある短い梯子を登り、やせ尾根を通過すると標高2,829Mの横岳の主峰「奥の院」山頂に到着します。

「奥の院」の先には「カニの横這い」と呼ばれる茅野側が切れ落ちた斜面を15mほどトラバースする所があり、ここが2回目の核心部です。
トラバースを終えると茅野側から野辺山側にリッジ状の岩を乗り越え10mほどのトラバースがあります。
両トラバースとも足場はしっかりしていて、鎖も設置されているので決して難しくはありません。

ここで岩場は終了し、なだらかな稜線歩きが続いた後、コマクサの群生が広がる中を進みます。硫黄岳山荘の前に立つ駒草神社の前を通り過ぎ、登り返せば 硫黄岳山頂です。

画像一覧

地蔵の頭から横岳(日ノ岳)を写す。ここは地蔵尾根が分岐し、行者小屋まで下っています。地蔵尾根の詳細もご覧ください。又、ここから赤岳方面に稜線を進めば数分で赤岳展望荘です。

地蔵の頭から硫黄岳に向かって横岳を縦走します。正面ピークが横岳「日ノ岳」です。登山者の少し先に二十三夜峰の岩塔があります。横岳は代表的なピークが6個あります。

横岳縦走路で初めに現れるのが高さ10メートルほどの小さな岩塔の二十三夜峰。梯子を登り二十三夜峰の基部を右から巻きます。

二十三夜峰を巻くと、日ノ岳の核心部が目に入ってきます。二十三夜とは、陰暦で23日の夜、精進・勤行した講の人々が集い供物をし祈念した月に対する信仰のことで、二十三夜塔・石碑(月待塔)を建立し、供養のしるしとしました。

二十三夜峰を巻き終え、さらに稜線を登り、この小さな岩峰の右を巻き梯子を登ります。

岩場に架かる高さ3メートルほどの梯子を登ります。

梯子を登り上げ振り返って撮影。特に高度感感じる梯子ではありません。

赤岳方面を振り返って撮影 赤岳の手前に赤岳展望荘が建っているのが小さく見えます。手前にはこけしの様な岩峰「二十三夜峰」が立っています。

さらに上部の岩峰は灌木帯に沿って右から巻く様に登り稜線に向かいます。

灌木帯からハイマツ帯になると間もなく稜線です。稜線に上がると左手側の眼下には行者小屋が見え、茅野の町並みも遠くに見えてきます。

稜線に上がり日ノ岳を見上げる。正面岩塔の右にあるルンゼ状の一枚岩が核心部です。岩塔の基部をトラバースして一枚岩に取り付きます。

正面の岩陵の基部で右にトラバースして横岳の核心部であるルンゼ状の一枚岩を登ります。濃霧時にはルートを見失う恐れがある所ですので注意してください。

日ノ岳の基部のにトラバース。一枚岩を登山者が登っているのが見えます。積雪期や残雪期は滑落要注意箇所です。

日ノ岳のトラバースルートを上から撮影。滑落防止用に岩壁に鎖が設置され足場はしっかりしています。谷下側の傾斜は30度ほどで高度感はありません。

核心部:傾斜は40度くらいで左右に鎖が設置されていますから難なく登ることができます。

核心部上部を撮影。高度感はありません。浮石はほとんどなく、難しい登りではありません。

核心部を見下ろす。鎖場上部を超えるとやや浮石が多くなりますが、傾斜が弱まるので、問題にはなりません。稜線の眼下に二十三夜峰の岩塔が見えています。

さらに上がった所より核心部を撮影。 核心部上部になると周りは草付きの緩斜面に変わり、花畑が広がります。

さらに上がった所から撮影。スタンス豊富な岩場に付けられた鎖がありますが、特に鎖を使う必要はなく通過できます。核心部に向け下る登山者達の周辺はお花畑です。 手前には、イブキジャコウソウの紫色の花が咲いています。

鎖場から少し上がったところは、高山植物のお花畑が広がります。横岳の中でもこの辺りは高山植物の宝庫です。ミヤマダイコンソウ、イワオウギ、チョウノスケソウ、イブキジャコウソウ、ミヤマシオガマ、オヤマノエンドウなどが咲いています。

横岳(日ノ岳)の山腹を覆うお花畑の中を登ってきます。

日ノ岳を登り切り、少し進んだ先で稜線に出ると、正面に「鉾岳」が岩峰を突き出しています。「鉾岳」には直登せずに、その基部を左側から巻きます。しばらくはアップダウンの少ない稜線上を茅野側、野辺山側と縫うように進みます。  前方の小さな岩を右から巻いた後、左側(茅野側)に下って行きます。

小さな岩峰を右から巻き終えて、鉾岳の茅野側の岩場をトラバースする様に下ります。ここにも鎖がありますが道幅はしっかりあり難所ではありません。茅野側の展望は抜群で、行者小屋、赤岳鉱泉を見下ろすことができます。

鉾岳の西側面を約100メートルに渡ってトラバースします。左上に見える「石尊峰」に向かって登る所も鎖場となっています。この周辺の花畑にはハクサンイチゲ、ミヤマキンバイなどが咲き、岩場にはイワヒゲ、イワウメ、ツガザクラなど背の低い高山植物が咲きます。

鎖場を登り稜線に上がります。鎖場の傾斜からさほどきつくないので慎重に登れば問題ありません。 

鎖場を一段上がったところから上部の鎖場を撮影。ホールドがしっかりあり、アスレチック気分で問題なく登ることが出来ます。

前写真の鎖場を近くから写す。大きな岩をどっこいしょと登る所です。

さらに上部まで上がったところの鎖場を近くから写す。鎖はありますが、ほとんど使用する必要がありません。登り切ると稜線です。

稜線に上がり、鎖場を見下ろす。小さな浮石もありますが、慎重に通過すれば問題ありません。

稜線に立ち振り返る。左手上部の鉾岳の西側をトラバースする道が見えています。右側には行者小屋が見えています。ガスっていなければ阿弥陀岳が見えるはずです。

前写真の位置から稜線を少し上がり振り返って撮影。鉾岳の西側山腹を巻く様に登山道が付いているのがよく見えます。反対方向に進む場合、誤って鉾岳に向かって稜線を登ってしまうと、切り立った岩場が行く手をふさいでしまいます。

稜線に上がり「石尊峰」へ傾斜の緩い岩礫の登りです。

グライダーが優雅に飛んでいました。眼下に見える田園風景は、原村あたりでしょうか。

大権現と刻まれた板碑のある「石尊峰」の頂上は360度の展望があります。

「石尊峰」から「三叉峰」を望む。手前の小さな岩峰は西側(左手側)を巻きます。先行者は右手側を進んでいます。

この岩稜は左を巻くのが正式ルートです。右側から巻き、踏み跡をたどっても通過できます。目の前の岩稜を直登りしても難なく越える事ができます。

今回は正式なルート(左側)を巻いてトラバースします。西側斜面はお花畑になっています。

前の写真の位置から「三叉峰」を撮影。左手奥には、「無名峰」が見えています。 左側から巻いて稜線に出ます。

稜線を進み正面「三叉峰」の岩塔の基部を右に巻いた所が杣添尾根分岐です。三叉峰山頂へは、右手側を巻いて少し進んだところから戻る形になります。この周辺で6月上旬から中旬なら残雪が溶けるとともに咲きだすツクモグサを見ることができます。

叉峰基部にある杣添尾根分岐。 横岳杣添尾根ルートを参照してください。 三叉峰山頂はこの分岐の10mほど上にあります。

「三叉峰」より「無名峰」「奥の院」を写す。手前の「無名峰」の先に横岳の主峰「奥の院」の山頂だけ見えています。正面の鞍部周辺は、ウルップソウが紫色の花を咲かせ群落を作る場所です。

「無名峰」から赤岳方面を振り返る。一群となって立ちはだかる様に連なる横岳です。「三叉峰」の右手奥に八ケ岳の主峰「赤岳」が見えています。

「奥の院」直下に架かる2箇所の梯子を登りやせ尾根を通過すると山頂です。

「奥の院」の上段の梯子を近くから撮影。3メートルほどの短い梯子で高度感をありません。この梯子を登り、狭い稜線を進めば、横岳の主峰奥の院です。

頂上を示す標柱が立つ横岳本峰 「奥の院」。横岳の測定点となっているのは無名峰で、その標高が2829mです。

「奥の院」より小同心を見る。小同心は、北側にある大同心を小ぶりにしたような形で、ロッククライミングの対象になり、小同心クラックのチムニーを登るルートです。大同心、小同心は奥の院の守り役と見立てた呼び名です。

小同心のすぐ北側に大同心。横岳西壁の岩峰でその高低差は150メートルを超えています。赤岳鉱泉あたりから望むと袈裟をまとった僧侶が読経しているように見えるところからこの名前が付いたのでしょう。ここもクライミングによく使われ、大同心雲稜ルートが主に登られています。

「奥の院」から同心円を描く山頂の硫黄岳を望む。右上のピーク「台座ノ頭」を越えて進みます。ここからの下りが横岳最大の難所と言っても良いでしょう。

「奥の院」から下って硫黄岳に向かいます。梯子を降りた先に橋がかけられていますが高度感はありません。この橋は雪に埋もれて冬には使われません。冬季は稜線をそのまま進みます。

夏道としてトラバース用に設置され橋。残雪期も危険なトラバースになる場合には稜線をそのまま進んだ方が安全でしょう。

「奥の院」から「蟹の横バイ」「蟹の立てバイ」を望遠で撮影。「蟹の立てバイ」を下りる登山者が見えます。ここから見ると垂直の壁に見えますが高度感は大したことはありません。その後、岩棚のトラバースがあり、ナイフリッジを野辺山側に乗越ます。

「奥の院」から「蟹の立てバイ」下降点まで降りて見下ろす。傾斜は50度、高さは3mほどでホールドがしっかりあり、下にはテラスがあるので全く高度感を感じることはありません。その後、右手方向に岩棚をトラバースします。

「蟹の横バイ」を「奥の院」から望遠で撮影。登山者が約10メートルほどの岩棚をトラバースしているところです。

「蟹の横バイ」を近くから見るとこんな感じです。写真では左の谷側に滑落しそうに写っていますが、スキップしても通過できそうでした。(登山道の幅はしっかりあり、鎖もあるので難しくありません。)

「奥の院」より「蟹の横バイ」を望遠で撮影。蟹の横バイの岩棚のトラバースが終わると、茅野側(左)から野辺山側(右)にナイフリッジ状の岩を越えます。

ナイフリッジ状の岩をぴょいっと右側に越えます。野辺山側(右)にも鎖が設置されていますが、高度感は無く鎖の必要ありません。

「奥の院」より撮影。ナイフリッジ状の岩を乗り越えて野辺山側をトラバースしている登山者がいます。この約20メートルのトラバースで核心部は終了です。

「蟹の横バイ」を通過し、ナイフリッジを乗越すと、スリリングな核心部も終了します。アップダウンの少ない岩尾根の稜線上を進みます。

狭かった尾根道も終わり、広くザレた赤褐色の砂礫地に変わります。正面のなだらかなピークが台座ノ頭で、その周辺は八ケ岳において、最大のコマクサの群落地が広がっています。

台座ノ頭の西斜面には赤茶けた砂礫地が広がり、コマクサの群落地となっています。時折、白色のコマクサを目にすることができます。

7月上旬から8月上旬にかけてピンク色の花をつけるコマクサの群生地を振り返る。高山植物保護用の柵の間を登山道が横切っています。

台座ノ頭の肩から硫黄岳とコルに建つ硫黄岳山荘と駒草神社を望む。硫黄岳の山頂は平坦で広く、深い霧の時には道がわからなくなります。又、西側は大きく崩壊した斜面で、東側は爆裂火口が大きくぽっかりと口を開けています。

大ダルミまで下り、硫黄岳山荘の前に立つ駒草神社の前を通って硫黄岳へと進みます。

硫黄岳山荘の前に立つ植物群落保護林の看板。硫黄岳山荘周辺はキバナシャクナゲやコマクサの群生が見られ、高山植物探勝路の木道が作られています。

硫黄岳山荘から撮影 硫黄岳全体が高山植物の豊富な所です。

硫黄岳山荘。山小屋のトイレとしては画期的で、ウォシュレットが付いています。合併浄化槽導入、し尿・厨房排水の浄化に取り組んで自然環境の保護に努めています。

物資をヘリコプターが運んできました。

硫黄岳へ向け出発します。夏山学校登山の団体の学生達と一緒に出発です。

硫黄岳山荘からはなだらかで大きな尾根を登っていきます。硫黄岳の東側斜面(右手側)はキバナシャクナゲの群落地が広く分布しています。

硫黄岳山頂に向かう登山道の途中から鋭く尖った横岳、更にその遠景にどっしりと構えた赤岳を望む。青い屋根の硫黄岳山荘が大ダルミのコル部分に小さく見えます。

ケルンに導かれながらゆっくりと登れば、硫黄岳山頂です。濃霧時にルートを見失わないようにケルンが沢山立てられています。

硫黄岳山頂は全方位の雄大な展望が楽しめます。一方で、平坦で広く、強風にさらされたり、濃霧時に登山道を見失う恐れがありますから注意してください。左手奥の小さな建物は雨量計が設置されていた石室です。

硫黄岳山頂より左手から樹林に覆われた箕冠山、その右手の小さなピーク根石岳、双耳峰の天狗岳を望む。 左手奥は蓼科山です。

硫黄岳山頂にある雨量計跡。

ケルンに付けられた赤岳鉱泉方面を示す指導標。赤岩ノ頭で赤岳鉱泉とオーレン小屋て下る道が分岐します。

横岳の登山情報を共有しましょう

八ヶ岳横岳縦走ルート地図


八ヶ岳横岳縦走ルート詳細情報

ルート 地蔵の頭(標高2,722m)⇒横岳(標高2,899m)⇒硫黄岳(標高2,760m)
・行者小屋までのルートは柳川南沢を参照してください。
・行者小屋から地蔵の頭までのルートは地蔵尾根を参照してください。
・杣添尾根から三叉峰へのルートは杣添尾根を参照してください。
駐車場

美濃戸口/美濃戸駐車場の詳細はこちら 

核心部 日ノ岳の一枚岩部分と奥の院から硫黄岳に至る途中にある「蟹の横這い」と呼ばれている所が核心部でしょう。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 3
標高差 243m(累積標高差はもっとあります)
山小屋 硫黄岳山荘 赤岳頂上小屋 行者小屋 赤岳展望荘 赤岳鉱泉
登山口へのアクセス
【美濃戸口】
>>関東(東京・新宿)から美濃戸口へのアクセスの詳細情報

>>関西地方・名古屋から美濃戸口へのアクセスの詳細の詳細情報

【杣添尾根 (そまぞえおね) 登山口】
>>関東(東京・新宿)から杣添尾根登山口へのアクセスの詳細情報

>>関西地方・名古屋から杣添尾根登山口へのアクセスの詳細情報

八ヶ岳横岳縦走ルートの「高山植物」

チシマギキョウ
チシマギキョウ
イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ
ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ
イワオウギ
イワオウギ
ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウ
タカネツメクサ
タカネツメクサ
コマクサ
コマクサ
ミヤマシオガマ
ミヤマシオガマ
ミヤママンネングサ
ミヤママンネングサ
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ
イワヒゲ
イワヒゲ
チョウノスケソウ
チョウノスケソウ
クモマナズナ
クモマナズナ
ウルップソウ
ウルップソウ
イワウメ
イワウメ
ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ
オヤマノエンドウ
オヤマノエンドウ
ツガザクラ
ツガザクラ
ハクサンチドリ
ハクサンチドリ
イワベンケイ
イワベンケイ
ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ
コイワカガミ
コイワカガミ
ヤツガタケキスミレ
ヤツガタケキスミレ
ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
横岳の天気

八ヶ岳の観光スポット

八ヶ岳のおすすめ人気観光スポット

八ヶ岳のライブカメラ

八ヶ岳ライブカメラ

更新情報を配信
横岳 地図

八ヶ岳 地図

横岳は
「32.八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰」に収録されています。
山岳保険
登山装備
広告