日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 南アルプス > 入笠山

南アルプス山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート
冬の入笠山
入笠山 地図

入笠山ハイキング・スノーシュールート概要

入笠山は、長野県伊那市、諏訪郡富士見町に跨る標高1955mの低山です。冬の入笠山へは富士見パノラマスキー場のゴンドラ(往復1,600円)を使って登ると便利です。 車で登ることもできますが沢入登山口に駐車することをお勧めします。
沢入登山口から入笠湿原までは徒歩で1時間ほどの行程です。 ここより先は車道の幅が狭くなり大型車は進入禁止となり、傾斜が増しますので4WDでも雪のため滑りますので注意が必要です。

富士見パノラマスキー場山頂駅でゴンドラを降りると正面には八ヶ岳の裾野が広がっています。 富士見パノラマスキー場山頂駅にある入笠山ハイキングコース入り口の看板の脇を通り針葉樹林帯の中を進み10分ほどで入笠湿原です。

冬の間湿原は雪で覆われ、登山者やスノーシューを着けたハイカーでにぎわいます。 入笠湿原には木道が整備され、入笠湿原の正面に建つ山彦荘まで続きます。 山彦荘の隣にあるトイレは冬でも暖房が入り使用できます。

通年営業しているマナスル山荘まえから入笠山への登山道(表登山道コース)がはじまります。 途中コースは二つに分かれ左に行くと岩場回避コース、右に行くと岩場コースです。 岩場コースといっても特に難しい所はありません。

360度の展望がある入笠山山頂からは特に雪で覆われた八ヶ岳の全容が近くに見渡せ、北アルプス中央アルプスがそれぞれ長い峰を連ね、南アルプスの中でも特に甲斐駒ケ岳が間近に迫って見えます。さらにその左手奥に富士山の秀麗な姿が際立ちます。

山頂に立つ指導票に従い首切清水、大阿原湿原方面(裏登山道コース)へ下ります。 途中、花畑・入笠湿原方面の分岐を左に見送り首切清水まで下ります。 首切清水から大阿原湿原までは20分ほど車道を歩くと着きます。

大阿原湿原前には駐車場がありますが冬の間はほとんど車は止まっていません。

大阿原湿原のハイキングコースには木道が整備され40分ほどで一周することができます。

登山届の提出
長野県は長野県県庁のホームページ

マナスル山荘の名前の由来

マナスルはネパールヒマラヤの8000m峰の一つ。8163メートルで世界第8位の標高を持つ山です。1956年5月6日、日本山岳会隊により、初登頂されたものです。 マナスル山荘が建てられたのは1955年です。日本の登山ブームを作るマナスル登山隊が出発したのも1955年です。入笠山の標高も1955m です。この三つの「1955」が山荘の名前の由来となったようです。
マナスル山荘のホームページより


入笠山山頂周辺の気温

山頂気温
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温(℃)
-3.2
-2.0
2.5
9.4
14.4
17.6
21.1
22.7
17.7
11.5
5.8
0.2
平均気温(℃)
-8.5
-7.3
-3.3
3.2
8.5
12.1
16.0
17.1
12.8
6.2
0.2
-5.0
最低気温(℃)
-12.6
-12.2
-8.2
-2.5
3.1
8.1
12.3
13.3
9.2
1.9
-4.4
-9.5

入笠山へ登るための装備と服装

季節により変動する登山用具/装備品
用具・装備
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ツェルト
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
ストック
スパッツ
×
×
×
×
×
×
×
×
手袋
×
×
×
×
×
×
サングラス
×
×
×
×
×
×
×
×
軽アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
12本歯アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
ピッケル
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
テント
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
スノーシュー
×
×
×
×
×
×
×
×


画像一覧

冬季入笠山へは富士見パノラマスキー場のゴンドラを使って登ると便利です。

50台ほど駐車可能な沢入登山口駐車場です。右手の登山道から入り、アカノラ山の南面を巻くようにして登ると約1時間ほどで入笠小屋前(入笠湿原)の林道に出ます。冬季でも車で大阿原湿原、仏平峠、マナスル山荘まで林道を登ることができますが、入山規制時間があります。

沢入登山口から大阿原湿原へ至る林道は大型車は進入禁止です。ここからは4WDの車でも雪のため滑りますので注意が必要です。日によりアイスバーンになっていますから車でのアクセスはあまりお薦めできません。2016年から午前8時から午後3時まで林道入笠線は「沢入登山口」から「御所平峠」までの約7km区間が通年通行止めになりました。

今回は、富士見パノラマスキー場のゴンドラ流星に乗ってアカノラ山まで来ました。振り返ると八ケ岳の全景が手に取るようです。

富士見パノラマスキー場山頂駅にある入笠山ハイキングコース入り口。入笠湿原まで10分、入笠山山頂まで40分です。

針葉樹林帯の中を進みます。1月8日で、多くのハイカーが入山し、トレースはしっかり出来ています。

富士見パノラマスキーリゾートの山頂駅から10分ほどで入笠湿原です。

入笠湿原脇の斜面でソリ遊びをして遊ぶ人々や犬連れの観光客もいます。

入笠湿原には木道が整備されています。6月ならスズランの群生地が広がって白い釣り鐘状の花を観察出来ます。正面の建物が山彦荘です。

入笠湿原の正面に建つ山彦荘。近くにキャンプ場があります。

山彦荘の隣にある水洗式公衆トイレ。冬でも暖房が入り使用できます。林道を御所平峠方面へ向かいます。

御所平峠に建つマナスル山荘。通年営業しています。三元豚のソースカツ丼・カレー、ビーフシチュー、鍋焼きうどんなどの昼食メニューがあります。スノーシューのレンタルがあります。また、スノーシューガイドツアーもあるので雪山初心者には最適です。

御所平峠のマナスル山荘前から入笠山への表登山道コースがはじまります。約20分ほどで山頂に立ってます。夏季限定でJR富士見駅からここまでバスが一日3往復あります。

左は岩場回避コース。右は岩場コースです。どちらのコースを通っても特に難しい所はありません。

岩場コースを山頂に向け登ります。傾斜がきついのでアイゼンは必要です。

山頂近くから富士見高原の先に聳える八ヶ岳を撮影。カラマツ林の左先に富士見パノラマリゾート山頂駅の建物が見えています。

入笠山山頂。展望を楽しむハイカーで賑わっています。

山頂にはほとんど雪がありませんでした。入笠山山頂から八ヶ岳方面を撮影。360度の展望があり北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山などが大変美しい大パノラマです。

入笠山山頂から見る八ヶ岳の望遠撮影。右手から編笠山、西岳、雪で真っ白な権現岳、キレットを隔てて赤岳が聳え、その左手に阿弥陀岳、さらに峰を連ねた横岳、硫黄岳と見えています。

山頂に立つ指導標に従い仏平峠方面(裏登山道コース)へ向かいます。切清水を経由して大阿原湿原を一周するコースに向かいます。

左は花畑・入笠湿原、右が首切清水、大阿原湿原方面です。

林床にクマザサの生えるカラマツ林を下っていきます。多くのトレースが付いています。このあたりはツボ足でも問題がありません。

首切清水で車道に出て、20分ほど車道を歩くと大阿原湿原に着きます。

大阿原湿原入口。20台ほど停められる駐車場があります。

大阿原湿原前の駐車場。冬季の車の駐車はありませんでした。2016年から車両規制が行われ、ここまで一般車は入れなくなりました。ただし、マナスル山荘や山彦荘などに宿泊する場合は例外として認められています。

大阿原湿原を駐車場から時計回りで一周します。

大阿原湿原の南側に沿って針葉樹林帯の中に木道が整備されています。木道は滑りやすいので軽アイゼンくらいは装着した方が無難です。

樹林帯を抜け、大阿原湿原の端まで来ました。ここから流れ出るテイ沢の流水は小黒川に注いでいます。ここでくるりと向きを変え、大阿原湿原の北西沿いに駐車場方向に進みます。

大阿原湿原に沿って歩いていきます。今日の積雪量ではスノーシューは必要ありません。

大阿原湿原の中の木道を進みます。真っ青な青空を背景に、葉を落としたダケカンバがアクセントとなって美しい景観を作り出しています。

大阿原湿原の中の木道を進みます。

大阿原湿原の入り口に戻ります。6月始め頃ならバラ科リンゴ属のズミの白い花が一面に咲く所です。

入笠山のハイキング情報を共有しましょう

すべての動画をyoutubeで見る



入笠山ルート地図

入笠山ハイキング・スノーシュールート詳細情報

ルート 1月8日
富士見パノラマスキー場山頂駅(標高1,770m)⇒入笠湿原⇒入笠山(標高1,955m)⇒大阿原湿原⇒富士見パノラマスキー場山頂駅
駐車場 富士見パノラマスキー場駐車場(無料) 沢入登山口駐車場 約50台駐車可。 トイレあり
核心部 特に難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:0.81リットル、体重60kgの人:1.056リットル、体重75kgの人:1.30リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.487Kcal、体重60kgの人:3.233Kcal、体重75kgの人:3.979Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.354kg、体重60kgの人:0.466kg、体重75kgの人:0.567kg
標高差 片道 距離 5.2km 最大標高差 209m 平均斜度 全体:0.9% 上り:10.3% 下り:8.1% 獲得標高 上り:222m 下り:178m
山小屋 マナスル山荘 山彦荘
登山口へのアクセス
(富士見パノラマスキー場)
JR富士見駅⇔富士見パノラマスキー場 無料シャトルバス

富士見パノラマスキー場日帰りバスツアー

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
南ア・ライブカメラ

南アルプスライブカメラ

入笠山の天気

南ア・観光スポット
更新情報を配信
入笠山 地図

入笠山 地図

入笠山は
「41.北岳・甲斐駒 南アルプス」に収録されています。
山岳保険
登山装備

広告