日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 南アルプス > 南アルプス山小屋 > 聖平小屋

南アルプス山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

┌甲斐駒岳・仙丈ヶ岳周辺

┌北岳周辺

┌鳳凰三山周辺

┌間ノ岳・農鳥岳周辺

┌塩見岳・赤石岳周辺



南アルプスの山小屋

聖平小屋

聖平小屋 詳細情報

連絡先 〒428-0504 静岡市葵区井川964番地
井川観光協会
080-1560-6309 (受付時間9時から17時)
標高 2,265m
営業期間 7月中旬〜9月中旬
収容人数 120名
電気・水 電気あり
トイレ 簡易水洗式 EM菌を利用した浄化槽を使用して流しています。
水場・テント場 幕営料金   一人 700 円
ホームページ 聖平小屋ホームページ
風呂 無し
登山口 椹島近くの聖沢登山口、 便ヶ島林道状況の確認は遠山郷観光協会(0260-34-1071)
最寄りの山 赤石岳 荒川岳 聖岳 光岳
その他
特記事項
・5人以上は要予約
・自炊の場合には冬季避難小屋が使われます
・冬季無料開放されています

画像一覧

聖平小屋。静岡県が運営しています。 標高2265mにあり、周囲をシラビソに取り囲まれた草原の中に建っています。聖沢登山口からの標高差は約1145m です。10名以上の団体の場合には予約が必要です。

ウェルカムフルーツポンチ。玄関脇に置いてあります。各自宿泊届けを書いたら自由に食べることが出来ます。

聖オリジナル Tシャツ、オリジナル手ぬぐいなどのお土産品の販売。コーヒー、紅茶のセルフ販売。ビール、チューハイ、ペットボトル、紙パックジュース、缶牛乳、などの飲料水の販売。昼食としてカレー、カップラーメンなど。

赤色、黄色、黒色、オレンジ色、青色などのオリジナル Tシャツです。一泊二食付き8500円、素泊まり5500円、寝袋持参の場合は1000円引きです。

1階大部屋。大部屋が1階と2階にあります。板の間にゴザが引かれた所に寝袋を使って寝ます。クション性が無いので寝ている間、背中が少し痛いのが問題です。又、枕が無いので衣類などを丸めて枕代わりにする必要があります。

2階の個室(2人用)が6部屋があります。部屋間の仕切りはありますが、扉はなく、カーテンになっています。1部屋4000円加算です。

2階大部屋。基本的に到着順に1階から詰まって行きます。隣との幅がややきついので到着を遅めにすると2階でゆっくりと寝ることが出来ます。

食堂は、木質を基調としたシックな作りです。壁に掛けられたテレビにより衛星放送が見られます。特に天気予報は気になるところです。

夕食。ヤマメの甘露煮、かぼちゃ、ミートボール、オレンジ、ポテトサラダ、味噌汁、漬物、キャベツなど。

朝食。ウィンナソーセージ、卵焼き、小魚の甘露煮、金時豆、タクワン、梅干、野菜の和え物、味噌汁など。

冬季避難小屋。自炊専用の宿泊場所です。本館同様寝袋を使って寝ます。混雑時は本館に詰め込まれるでしょうから、食事を持参すれば、この冬季避難小屋にゆったりと泊まることが出来ます。

自炊場。玄関の向かいに作られた自炊専用スペースです。雨天時で風が強い場合には雨が吹き込んでしまいそうです。

更衣室。2階の一角に扉つきの更衣室があります。収納スペースを利用したものです。

テント場横の水洗式トイレ。浄化槽が完備しています。本館室内にトイレはありませんから、夜間トイレに行くためにはヘッドランプは必携です。

女性用洋式トイレ。トイレットペーパーは別の箱に入れる必要があります。和式のトイレもあります。

男子用トイレは1箇所のみです。

テント場。聖平小屋の玄関から撮影。ここ以外にもう1ヶ所あります。遠景に生木割山が見えています。

水場。玄関脇に作られています。小屋の近くに聖沢が流れているので、洗濯することも可能です。


聖平小屋についてコメントする


次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
南アルプスの天気

北岳 地図

荒川岳(荒川三山)赤石岳 地図

聖岳は
「42.塩見・赤石・聖岳」に収録されています。
更新情報を配信
山岳保険
登山装備
広告