丹沢】 三ノ塔・行者ヶ岳・新大日・塔の岳 (行者ヶ岳〜塔ノ岳)

木ノ又大日に建つ木ノ又小屋。休憩の最適地になっていて、テーブルやベンチが置かれています。木ノ又大日に、かつて日向修験道の行者が大日如来像(木の又大日)を祀ったことからこの山名が付いた様です。