日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 高尾山 > 陣馬山

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



陣馬山(じんばやま)

高尾山から陣馬山登山・ハイキングコース概要

登山ツアー情報

陣馬山登山ツアー

関東発:陣馬山・影信山登山ツアー
東北・関東・甲信越・名古屋・関西・九州発: 高尾山登山ハイキングツアー

登山コース案内

高尾山山頂から陣馬山に向け出発します。 山頂から石段を下り、ほどなくするとベンチ設置された「もみじ台」と呼ばれる場所に出ます。 ここは、春には桜が咲き、紅葉の時期には文字通り稜線の両脇を赤く染め1年の内でも一番美しい景観となる所です。

もみじ台から緩やかに下り、富士見台園地の公衆トイレを左に見送り、平坦なところを過ぎると緩やかな登り返しです。 ベンチとトイレが完備した一丁平園地に着いたらザックを下して一休みします。

一丁平園地から数分で丹沢方面や富士山の眺望が素晴らしい一丁平に着きます。一丁平には立派な木製の手すりが付いた展望台が建設されています。 一丁平で展望を楽しんだら東屋を右手に見送り、城山に向け緩やかに登っていきます。

登山道沿いには、4月から5月にかけてメギ科のイカリソウをよく目にします。小さな薄紫色の花が、船の錨に似ている所からこの名が付いた様です。そして、スミレとしては大型のアケボノスミレ、唇の形をしたヤマタツナミソウ(上唇は薄い紫色、下唇は白色)、花径に10数個の薄いピンク色の花を付けるエビネなどが見られます。9月から10月になると五つに深く裂けた合弁花で白い花を付けるセンブリやシモバシラなどが見られます。

城山山頂の城山茶屋の前にはベンチとテーブルが設置された広い休憩場所があり、公衆トイレも完備されているため多くの登山者で賑わっています。 城山山頂に建つNTTの無線中継所を右手に見送り小仏峠に向け稜線を進みます。

途中の登山道は、左手方向に木々の間から相模湖や中央道などが見え隠れする稜線上の道です。 小仏峠に祭られた明治天皇巡幸碑を右手に見送り、影信山への登りが始まります。数千キロの旅をする美しい大型の蝶アサギマダラ、豹柄模様のクモガタヒョウモンなどが花々の間を飛び交う姿を目にします。

右手側が開けた杉林を詰めると影信山山頂です。山頂には影信小屋が建ち、小屋の前の広場にはベンチやテーブルが設置され休憩スポットとして登山者で賑わいます。 9月頃になると樹高2メートルほどの落葉低木に薄紫色の小さな花を付けるマルバハギが山を彩ります。

影信山山頂から東京方面の展望を楽しんだら堂所山へ向け出発します。 堂所山では「夕やけ小やけふれあいの里」方面への道を右に分け、明王峠茶屋が建つ明王峠に向かいます。3月の終わりから5月の頭にかけてエイザンスミレ、茎の先端に複数個の黄色い花を咲かせるラン科のキンラン、細いビンなどを洗うブラシの形をした白い花を付けるヒトリシズカなどが見られます。

明王峠から奈良子峠を通過すれば、間もなく陣馬山へ到着します。 陣馬山山頂には馬のモニュメントが象徴的に立ち、山頂下には公衆トイレがあります。

山頂に建つ富士見茶屋、清水茶屋で休憩しながら360°の展望を楽しんだら、陣馬高原下バス停に向け下ります。
一日16往復のバスが陣馬高原下バス停とJR高尾駅北口とを結んでいます。


陣馬山山頂周辺の気温

山頂気温
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温(℃)
5.2
5.4
10.3
14.9
22.0
21.8
26.2
25.9
21.3
17.8
12.6
8.6
平均気温(℃)
-0.7
0.0
4.5
9.5
16.0
17.2
21.7
21.1
17.4
12.7
8.5
3.5
最低気温(℃)
-6.1
-4.8
-1.1
4.3
10.2
13.3
17.9
18.5
14.1
8.1
4.9
-1.3

陣馬山へ登るための装備と服装

季節により変動する登山用具/装備品
 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ツェルト
×
×
×
×
×
ストック
スパッツ
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
手袋
×
×
×
×
×
×
×
サングラス
×
×
×
×
×
×
×
×
軽アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
12本歯アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
ピッケル
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


画像一覧

高尾山山頂から陣馬山に向け出発します。高尾山山頂までは各コースを参照してください。

紅葉台。高尾山山頂から5号路を横切り、約5分進んだところにあります。文字通りモミジが登山道の周辺を覆っています。又、4月中旬頃にはソメイヨシノやヤマザクラが薄いピンク色の花を咲かせお花見登山が楽しめます。

もみじ台の少し先で大垂水峠下る「学習の歩道」が左手に分岐し、緩やかに木道が整備されて道を下ると、奥高尾縦走路へ入ってきます。

木道を下り終えると、正面の一丁平園地に向け千本桜の間を緩やかに登ります。4月には、千本桜が一斉に開花し、登山者の目を和ませてくれます。

一丁平園地。休憩の最適スポットになっていて、公衆トイレ・ベンチやテーブルが完備しています。この少し上に展望台があります。この周辺にはソメイヨシノやヤマザクラが広く分布しています。

一丁平園地にあるトイレ。

一丁平の展望台。写真の右手には東屋が建ち、雨風をしのげるようになっています。

一丁平展望台からの眺望。丹沢峰々の先に雪をいただいた富士山が見えています。

一丁平で展望を十分に楽しんだら、東屋を右手に見送り、城山に向け出発します。

NTTの電波中継塔の建つ標高670mの城山に向け緩やかに登ります。

小仏城山周辺の案内板。この周辺には多くの桜が自生し、4月頃になるとお花見も楽しめます。

城山山頂は、平坦な広い場所で城山茶屋が建ち、多くのテーブルが設置され、多くのハイカーで賑わっています。公衆トイレがあります。城山茶屋は定番のなめこ汁やおでん、5月中旬から9月にかけてかき氷が売られています。

城山から小仏峠に向け進みます。右手には小仏峠富士見茶屋が建っています。営業はしていないようです。

進行方向の左手側には相模湖や中央自動車道が見えます。写真には写っていませんが、遠くに富士山もよく見えています。

小仏峠は、かつて甲州街道が通っていた歴史ある峠で、ここで3方向へ分岐します。左に進めば美女谷温泉及び相模湖へ至り、右に進めば小仏のバス終点です。今回は、このまま直進し影信山を目指します。

小仏峠からジグザグな急坂を登り上げ、少し下ったところで右手側の展望が開けます。ここを登ると影信山です。

間伐された杉林の中を抜けるように登ると影信山です。

右手上方に進むと影信山まであと少し。

影信山山頂は標高727n。三角点は茶屋の裏に設置されています。山頂は広い平坦地で、影信茶屋、三角点かげ信小屋が建っています。

影信茶屋。キノコ料理のメニューも多い。土日のみの営業、営業時間9時〜14時、冬季は13時まで。三角点かげ信小屋は、酒饅頭の評判が良い。8時30分〜15時まで土日のみ営業。

影信山から東京方面の展望が素晴らしいです。右手方向には城山の電波中継塔が興ざめする様に建っていますが、その先に伸びる稜線を辿ると高尾山が見えています。反対方向に目をやると丹沢の山々、道志の山々、さらにそれぞれの山の稜線から頭を出すように富士山がのぞいています。

影信山を後にして、明王峠へ向け出発します。堂所山の分岐。

明王峠茶屋は営業していません。周辺にはベンチが置かれ、休憩の最適スポットです。富士山の展望も良好です。

奈良子峠への道。平坦で歩きやすい明るい登山道です。奈良子峠で奈良子尾根ルート合わせます。

栃谷尾根ルートを合わせると陣馬山です。

陣馬山山頂のモニュメント。ここで武田軍と北条軍が戦ったことで陣張山とと呼ばれていたのが、陣馬山(陣場山)になったとされています。山頂からは360度の展望が得られます。

陣馬山山頂の富士見茶屋。店名の由来は富士山の眺望が良いところから来ているそうです。おでん、山菜うどんなどが人気があるようです。8時から夕方までの土日営業。

陣馬山山頂の清水茶屋。茶屋のテーブルが置かれたテラスからは、丹沢の先に富士山や南アルプスなどの大展望があり、川魚や山菜の乗った陣馬そばが名物。9時〜16時、木曜日休み。

陣馬山山頂の公衆トイレ。左下には信玄茶屋。信玄うどんが名物。4月から6月上旬、9月中旬から12月初旬の土日営業。

東京方面の展望。東京スカイツリーまで確認することができます。山頂で展望を楽しんだら、陣馬高原下バス停へ向け下って行きます。急坂を下り和田峠へのコースを左に見送り、薄暗い樹林帯の中を下ると車道に突き当たります。

陣馬高原下バス停。高尾駅北口と陣馬高原下間を路線バスが走ります。

陣馬高原下バス停から高尾駅北口行きバス。1日16本あります。

陣馬山の登山情報を共有しましょう

高尾山から陣馬山登山・ハイキングルート地図

高尾山から陣馬山登山・ハイキングコース詳細情報

ルート 高尾山(標高599m)⇒一丁平園地(標高618m)⇒城山(標高670m)⇒小仏峠(標高548m)⇒影信山(標高727m)⇒白沢峠(標高673m)⇒堂所山(標高731m)⇒底沢峠(標高721m)⇒明王峠(標高732m)⇒奈良子峠(標高731m)⇒陣馬山(標高857m)⇒陣馬高原下バス停(標高330m)
コースタイム 高尾山⇒陣馬高原下バス停 5時間10分
陣馬高原下バス停⇒高尾山 5時間20分
核心部 難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.29リットル、体重60kgの人:1.68リットル、体重75kgの人:2.06リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:2.399Kcal、体重60kgの人:3.119Kcal、体重75kgの人:3.839Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.343kg、体重60kgの人:0.446kg、体重75kgの人:0.548kg
標高差距離 13.3km 最大標高差 525m 平均斜度 全体:-2% 上り:9.7% 下り:13.5% 獲得標高 上り:601m 下り:865m
山小屋 やまびこ茶屋 大見晴亭 曙亭 細田屋 城山茶屋 影信茶屋 三角点かげ信小屋 富士見茶屋 清水茶屋 信玄茶屋
登山口へのアクセス 陣馬高原下登山口までのアクセスの詳細はこちら


陣馬登山口から栃谷尾根を登り、一ノ尾根を下る 概要

陣馬登山口には JR 藤野駅から路線バスが一日八本あります。しかし、登山口周辺の駐車場は、公衆トイレの脇に3台ほど止められるスペースがあるだけです。

陣馬登山口からは、栃谷尾根、一ノ尾根、奈良子尾根などを登るルートがあり、周回コースを組むことができます。また、 和田峠に降りて路線バスに乗って陣馬登山口に戻ることも考えられます。

今回は栃谷尾根を上り、一ノ尾根を下る周回コースを案内します。

登山口からしばらく車道を歩きます。車道の途中に栃谷園地と呼ばれる場所があり、そこには公衆トイレが完備し、水道から水の補給が可能です。

登山口から40分ほど登ったところで車道が終わり、民家の脇から登山道が始まります。 畑の中を突っ切る様に真直ぐに上り、針葉樹林帯の中に入っていきます。登山道はよく整備され、とても歩きやすい状態です。
途中で一部、広葉樹林帯に変わる場所がありますが、概ね杉林の中を登っていきます。 そのため登山道は単調で、あまり面白いルートとは言いがたいと思います。
樹林帯の登リが山頂直下まで続き、傾斜が緩むと、山頂に建つ富士見茶屋が見えてきます。

山頂には大きな馬のモニュメントが立ち、登山者を驚かせます。晴れている日には山頂から遠く日光白根山男体山まで確認する事ができるようです。

山頂で360度の展望を楽しんだら陣馬山を後にし、一ノ尾根を降ります。一ノ尾根は栃谷尾根に比べて傾斜が緩く、足腰に自信のない登山者は登山道として使うほうが良いかもしれません。

一ノ尾根も栃谷尾根同様、ほとんどが樹林帯の中にあり、単調な下りです。 樹林帯を抜けたところで民家が見えると、すぐに車道にぶつかります。ここからバス通りを15分ほど歩いたところが陣馬登山口です

画像一覧

陣馬登山口にある公衆トイレ、公衆トイレの横に3台ほど止められる駐車スペースがあります。 JR 藤野駅から一日8本のバスがあります。

陣馬登山口から車道を歩きます。今回は栃谷尾根を上り陣馬山を目指します。

しばらく車道歩きが続きます。

右側の沢に沿って進みます。

正面の分岐でガードレールが見えるところを左上方に歩いていきます。

栃谷園地にある公衆トイレ。

栃谷園地にある公衆トイレ前にある水道から水が出ていますので、ここで水の補給ができます。

栃谷園地を後にして、さらに車道登れば人家の脇から登山道が始まります。

人家の脇を入り畑の中に作られた登山道を登っていきます。右手の青い建物は、農家で採れたものが安く売られています。

正面の森が見えるところまで畑の中を進みます。

針葉樹林帯の中に入っていきます。登山道はよく整備され大変歩きやすいです。

一時的に広葉樹林帯に変わります。

再び針葉樹林帯の単調な登りが陣馬山頂まで続きます。

陣馬山山頂近くになると一気に傾斜が増していきます。ここを上りあげるとしばらく平坦地が続き、山頂に至ります。

なだらかな稜線の先に陣馬山山頂があります。

ここで陣馬高原下からのルートを合わせます。山頂に建つ富士見茶屋が見えます。

ここで陣馬高原下からのルートを合わせます。山頂に建つ富士見茶屋が見えます。

山頂にある陣馬山の案内板。陣馬山山頂からは、よく晴れた日には南アルプス、富士山はもとより日光白根山や男体山まで見えるようです。

北側の展望。信玄茶屋の先に展望が広がります。大菩薩嶺、金峰山、雲取山、大岳山、日光白根山、男体山などが見ます。

11月上旬の紅葉の様子。

清水茶屋の脇から一ノ尾根に降りる登山道が始まります。

山頂から下るとすぐに樹林帯の中に入っていきます。

右手方向は和田バス停へ下る分岐。丸太のベンチが設置され、休憩ポイントになっています。

針葉樹林帯のなだらかな下りが続きます。

一時的に広葉樹林帯で入っていきます。

再び杉の林になると陣馬登山口へ下る分岐となります。

深い針葉樹林帯を抜けると、人家が見えてきます。

人家の間の車道を下ると、バス通りに出ます。

陣馬登山口の路線バスの便。JR 藤野駅との間を平日で9本のバスがあります.

陣馬登山口から栃谷尾根を登り一ノ尾根を下るルート地図

陣馬登山口から栃谷尾根を登り、一ノ尾根を下るコース詳細情報

ルート 陣馬登山口(標高199m)⇒栃谷園地(標高350m)⇒栃谷尾根⇒陣馬山(標高857m)⇒一ノ尾根⇒陣馬登山口(標高199m)
コースタイム 陣馬登山口⇒陣馬山 2時間20分
陣馬山⇒陣馬登山口 2時間00分
核心部 難しい所はありません。
難易度 [登山道(一般道)を10段階で表示 特に鎖場の岩登り] 1
飲料水必要量 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:1.69リットル、体重60kgの人:2.19リットル、体重75kgの人:2.70リットル
消費カロリー 5Kgの荷物を背負う場合
体重45kgの人:3.189Kcal、体重60kgの人:4.080Kcal、体重75kgの人:5.022Kcal
燃焼脂肪量 5Kgの荷物を背負う場合のダイエット効果
体重45kgの人:0.448g、体重60kgの人:0.583g、体重75kgの人:0.717kg
標高差最大標高差 654m、 獲得標高 上り:646m 下り:618m
登山口へのアクセス 陣馬登山口までのアクセスの詳細はこちら

次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

陣馬山の天気

日本百名山の天気

陣馬山地図

高尾山 地図

陣馬山/影信山は
「27.高尾・陣馬」に収録されています。
山岳保険
登山装備