日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 高尾山

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ケ岳

至仏山

日光白根山

男体山

谷川岳

妙高山

火打山

雨飾山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



高尾山(たかおさん)
景信山から望む富士山
新着登山情報 『景信山
景信山山頂からの眺望 眼下の相模湖と遠景に富士山を望みます。小仏コースは景信山への最短コースです。 高尾山や陣馬山と合わせて登ると良いでしょう。
高尾山周辺からは富士山の眺望が良く、江戸時代に入ると山岳修験の霊場として、また富士講の重要な遥拝(ようはい)所となって繁栄しました。
陣馬山山頂の馬のモニュメント
新着登山情報 『陣馬山
高尾山から景信山を経由して陣馬山へ至る縦走ルート、下山は陣馬高原下バス停 が一般的です。
また、 JR 藤野駅からバスの便がある陣馬登山口からは樹林帯の上りが山頂まで続く単調なルートです。 和田峠からは、わずか30分のハイキングルートです。

稲荷山コース

南側の稜線を登る 各ルート中で最も人気がある
稲荷山

1号路/表参道コース

高尾山のメイン道路、自然と薬王院などの歴史探訪が楽しめる
1号路

2号路/霞台ループコース

高尾山の森林ハイキングコース 一周30分
2号路

3号路/かつら林コース

高尾山南斜面を縫うように進むトラバース道
3号路

4号路/吊り橋コース

吊り橋「みやま橋」を渡る避難路 下山に使うこと多し
4号路

5号路/山頂ループコース

高尾山山頂をぐるりと30分で一周各ルートと交差する
5号路

6号路/びわ滝コース

渓谷沿いの自然が多く残るルート、途中から登山道が狭くなる
6号路コース

登山ツアー

高尾山登山ツアー

高尾山・登山ハイキングルート概要

高尾山(標高599メートル)は、東京都八王子市の南西部、関東山地の東縁にあり、低山にもかかわらず展望がよく、、古くから「十三州見晴台」と称われてきました。

高尾山は東京から近くにあるにもかかわらず、自然が多く残されているので、ミシュランの旅行ガイドでも3星をつけているほどです。 高尾山周辺は「明治の森高尾国定公園」に指定され、低山に生える多くの植物・花や野鳥の種類が豊富で、杉・ブナの原生林が残る都内有数の景勝地でもあります。また、高尾山から小仏峠、影信山、陣馬山に至る稜線一帯は「高尾陣馬都立自然公園」に指定されています。

高尾山は、山岳信仰の霊場として古くから栄えてきました。1号路を登った中腹に真言宗関東三山の一つ薬王院有喜寺が鎮座しています。

主要登山口は標高201mの地点にある京王線高尾山口で、都心から電車で1時間の好アクセスです。参道沿いには名物のとろろそばの店や土産店が軒を並べています。ケーブルカーやリフトを使うお手軽コース、山頂まで徒歩で登る複数の登山コースが整備されています。

南面の尾根を登る稲荷山ルート、高尾山のメインルートである1号路、渓谷沿いを登る6号路の各3ルートがあり、 標高差399mを自分の足で山頂を目指します。
一方、高尾山ケーブルカーや高尾山リフトに乗れば、標高480mの霞台に数分で行くことが出来るため、登山者ばかりではなく観光客や参拝者も気楽に山頂を目指すことができます。

車で来る場合には高尾山口に大きな駐車場がありますが、土日祝日には朝のうちから一杯になってしまうことが常です。 登山口周辺には小さな駐車場が点在していますが、混雑時にはやはり一杯となります。 また、高尾山周辺の山々へのアプローチには神奈交バスが運行されていますので目的やエリアにより計画を立ててください。

登山コース案内

1号路/表参道コース
1号路には、各種楽しめるスポットが点在し、薬王院では参拝や予約をすれば薬膳料理を楽しむことができます。夏から秋にかけて、高尾山ケーブルカー降り口(霞台)近くにあるビヤガーデンがオープンし、都会の夜景を見ながらのビールは格別です。さる園では48頭のサルが飼育され、飼育員の小気味よい解説が楽しませてくれます。

稲荷山ルート
稲荷山ルートは登山道の幅が広く歩きやすい為、多くの登山者に使われています。南面の尾根にルートがあるため樹林帯の中とは言え、樹木の間から日の光が降り注ぐ明るい登山道になっています。

6号路/びわ滝コース
6号路は沢沿いを遡上するルートの為、あまり日は指さず、やや暗い感じのルートです。途中から登山道の幅が狭くなり、先行者を追い抜くのが困難になります。

3号路/かつら林コース・4号路/吊り橋コース・5号路/山頂ループコース
霞台にある浄心門からは高尾山の北面を横切るように山頂に伸びる4号路と、高尾山の南面を縫うように浄心門と山頂を結ぶ3号路、山頂の周りを一周する5号路などが設定されています。 各ルートのアップダウンはあまり強くなく自然を楽しむルートになっています。

影信山・陣馬山
高尾山山頂からは影信山、陣馬山への縦走路へさらに足を延ばしてみるのも面白いです。 高尾山は登山やハイキングばかりではなく、デートにもよし、グルメ制覇するもよし、企画次第では大変楽しめる山です。

高尾山への服装

高尾山ケーブルカーや高尾山リフトを使う場合の服装は、普段着でもよく靴はスニーカー程度でも十分です。山麓駅から山頂まで登山する場合には、通常の登山のように速乾性の服を着たり登山靴を履くのが理想的です。また、突然の雨に備えてのレインウェアの携帯は言うまでもありません。

薬王院の歴史

薬王院有喜寺の創建は、天平16年(西暦744年)に行基が、聖武天皇の勅命により東国鎮護の祈願寺として開山したとされるが、史実では無いようだ。神仏習合の薬王院の中興開山は、南北朝時代(西暦1376年)頃、京都の醍醐寺から高尾山中興の祖、俊源大徳が入山したときが史実とされている。俊源大徳は信州の飯縄(いいずな)山から飯縄権現勧請(かんじょう)し、薬王院を中興開山し、隆昌した。

戦国時代には、本社に御神体として祀られている飯縄大権現像が軍神として多くの武将たちから信仰されていた。薬王院の繁栄の基礎は、北条氏照によってなされた。その後、徳川家康によっても高尾山周辺は手厚く保護され、伐採などを禁じた結果、自然保護に繋がったとされている。

江戸時代享保4年(西暦1079年)に薬王院が行った現世利益の為の祈祷や配札が庶民の信仰を集めるようになる。護摩札には開運出世、盗難よけ、養蚕繁盛祈願、火災よけ、干ばつよけ、魔よけ、安産子育てなどの配札がされた。

明治元年(西暦1868年)に新政府から出された神仏判然令によって、神仏一体となって栄えてきた日本の山岳霊場から寺院が消えた。しかし、薬王院は密かに飯縄権現社を守り、大正15年に神仏分離以前の神仏融合の姿に戻した。

※勧請-神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。
※中興-一度衰えていたり途絶えた物を復興させるという意味。
※権現-神仏習合思想によって仏が化身して仏神として現れること。

参考文献:名山の日本史

登山マナーの低下が叫ばれる

登山をスピード競技として楽しむ「トレイルラン」と一般登山者との間で一触即発の状況が起こっている。高尾山をトレーニングの場所とするアスリートの数が驚くほど多くなっている。数分おきに無言で駆け上がって行くランナーと一般登山者が接触すれば、転倒や滑落の危険がありそうだ。人間同士のトラブルだけではなく、猛スピードで走ることで登山道を痛め、周辺に生息する植物に悪影響を与える危険性も考えられる。

さらに最近ではマウンティングバイクを乗り入れている愛好家もいて状況は更に悪化している。一部にトレランを規制しようとする動きがあるようだが、現在は各自のモラルに任せられている。

更に登山マナーの悪化は一般ハイカーにも及んでいる。犬連れのハイキング楽しむ人々だ。「犬の糞の処理をすれば問題は無い」とする飼い主の言い分にも一理あるが、犬は登山道脇にマーキングを繰り返す。その為、植物への生育に悪影響を及ぼすものと考えられる。

登山モラルの低下はそれにとどまらなかった。登山道から外れた所に咲く花や植物などを撮影する写真愛好家、ゴザで場所取りをし、花見に興じビールを煽り何のためらいもなく吸い殻を道端に捨てる人々。

3000メートル級の北アルプスの山々などと違い、低山である高尾山はハイキングの延長線上にあると考えられがちで、ちょっとした心がけで改善出来るマナー違反である。しかしこのまま放置すれば重大な問題を引き起こしかね無い。山登りを純粋に楽しみたいという普通の愛好家がいることを忘れてならない。
参照:産経新聞

高尾山の登山情報を共有しましょう

高尾山・登山ハイキングルート地図

高尾山 地図

高尾山〜影信山〜陣馬山周辺ルート地図

高尾山〜影信山〜陣馬山周辺ルート地図クリックで拡大

高尾山登山口までのアクセス(公共交通機関)


百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

広告

高尾山の天気

日本百名山の天気

高尾山地図

高尾山 地図

高尾山は
「27.高尾・陣馬 」に収録されています。
山岳保険
登山装備