日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 百名山と日本の山々 > 至仏山

百名山百名山山小屋アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報

栗駒山

吾妻山

磐梯山

安達太良山

那須岳

尾瀬

会津駒ヶ岳

燧ヶ岳

至仏山

武尊山

日光白根山

男体山

苗場山

巻機山

谷川岳

白山

妙高山

火打山

雨飾山

高妻山

四阿山

赤城山

浅間山

筑波山

妙義山

荒船山

両神山

雲取山

伊豆ヶ岳

御岳山

大岳山

高尾山

丹沢

箱根山・駒ケ岳

金時山

天城山

乾徳山

金峰山

瑞牆山

甲武信ヶ岳

西沢渓谷

大菩薩嶺



至仏山(しぶつさん) 尾瀬
至仏山
『至仏山』
至仏山から望む尾瀬ヶ原と燧ヶ岳、その左に会津駒ヶ岳。 
尾瀬を代表する至仏山(標高2,228m)は、尾瀬ヶ原の南西に位置し、尾瀬ヶ原を隔てて対を成すように聳える燧ケ岳とともに日本百名山の一つに数えられています。 至仏山の山体は、崩壊しやすく、風化が早い蛇紋岩で出来ている為、高山植物保護のため5月10日前後から6月30日まで全面入山禁止となっています。入山が許される7月1日以降も山ノ鼻から山頂間は、登り専用で、下山には使用できませんから注意してください。

山ノ鼻ルート

登山専用ルート 高山植物保護のため下山不可尾瀬ヶ原、燧ケ岳の眺望良好
山ノ鼻

鳩待峠ルート

オヤマ沢田代、小至仏山手前の蛇紋岩の岩峰
鳩待峠

登山ツアー

至仏山登山ツアー

至仏山・登山・ハイキングルート概要

注意
雪解けが始まる5月10日前後から6月30日まで、高山植物の保護を目的として、全域が入山禁止となっています。又、1年を通して山ノ鼻から至仏山は、原則として登りの一方通行となっています。この規則は、登山道に多く見られる蛇紋岩が大変滑りやすいため、下山時にスリップして道を踏み外す登山者が多くいることから、高山植物を踏み荒らさない様にするためのルールです。登山計画を立てる際、鳩待峠から至仏山に登り、山ノ鼻へは下山出来ないことに留意する必要があります。

拠点となるのは鳩待峠ですが、時期によりマイカー規制(5月20日から10月10日/8月の月曜から木曜と9月1日から15日の月曜から木曜は規制外)が行われ、規制時間は規制の初日の19時から規制最終日の正午までです。規制期間中は戸倉に車を停め、バスか乗り合いタクシーで鳩待峠へ入ります。

11月10日より尾瀬戸倉の大駐車場の約1km上部(スノーパーク尾瀬戸倉)の分岐でゲートが置かれ、主要地方道水上片品線に車の進入が出来なくなります。当然、上部の尾瀬ヶ原・土出線(戸倉津奈木橋から鳩待峠までの区間)も冬季通行止めです。冬季、尾瀬ヶ原に行くには林道を約9km 歩かなければなりません。冬期通行止情報の詳細は [ 沼田土木事務所 TEL:0278-24-5511 ]  沼田土木事務所まで

古い時代の造山運動によって隆起した地形や気象条件などにより森林限界が低いこともあり、高山植物が豊富なことでも名高く、至仏山の特産種であるホソバヒナウスユキソウ、オゼソウ、ジョウシュウアズマギク、シブツアサツキは7月上旬から中旬が見頃となります。なんといっても、尾瀬ヶ原に咲くミズバショウと残雪の至仏山は絵になる風景です。例年、尾瀬ヶ原のミズバショウは、5月中旬頃開花し、6月上旬頃に見ごろを迎えます。ミズバショウが終わりを迎えると、湿原を埋め尽くす鮮やかなニッコウキスゲが彩りを添えます。

尾瀬ヶ原から望む至仏山は穏やかなスロープを描いていますが、山頂から小至仏山・悪沢岳の西側は急峻な斜面となり、非対称山稜を形成しています。日本海と太平洋に水を分ける分水嶺になり、利根川水源の山々と尾瀬の展望所といった所です。

高天原ヶ原を越えて、至仏山と小至仏山との間にはお花畑が広がりシナノキンバイやチングルマが群落を作っています。

山頂から360度の展望があり、南に赤城山・武尊山、南西に浅間山谷川岳苗場山、南東に男体山日光白根山、北に越後駒ヶ岳・平ヶ岳、北東に尾瀬ヶ原、その先に燧ヶ岳会津駒ヶ岳などの名山が並ぶ眺めは圧巻です。運が良ければ武尊山の先に富士山が望めます。

至仏山を満喫するには、鳩待峠から山ノ鼻へ向かい、反時計回りで一周することをお薦めします。山ノ鼻と至仏山の間は植生保護のため下りに使うことはできないからです。湯の小屋温泉を登山口とする場合、 笠ケ岳、至仏山と登り、鳩待峠へ下山すると10時間以上のコースタイムになるので健脚者のみの領域といえるでしょう。

登山届
携帯やパソコンでの登山届先は群馬県警察です。

観光問い合わせ
尾瀬保護財団
片品観光協会


尾瀬戸倉から県道尾瀬ヶ原土出線の紅葉

10月22日、標高1200m周辺 尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線の紅葉

10月22日、尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線標高1200m周辺の紅葉

県道尾瀬ヶ原土出線に沿って流れる笠科川の渓谷美と紅葉のコントラストが美しいです。

10月22日、標高1300m周辺 尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線の紅葉

10月22日、尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線標高1300m周辺の紅葉

楓を中心として赤く染まった林道と背景に大行山。この辺りが最も美しい紅葉の見頃です。

10月22日、標高1400m周辺 尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線の紅葉

10月22日、尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線標高1400m周辺の紅葉

広葉樹の黄色や赤、ダケカンバの白のコントラストが美しい。

10月22日、標高1500m周辺 尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線の紅葉

10月22日、尾瀬戸倉〜鳩待峠の県道尾瀬ヶ原土出線標高1500m周辺の紅葉

黄色く染まったモミジが美しい。これより上部の鳩待峠に近づくにつれ、葉を落とした木々が増えてきます。

名前の由来

至仏山と聞くと仏教や修験道に関連する山だと思われがちですが、これは、昔、登山道の無かった時代に利用した「渋ツ沢・しぶっつぁわ」が転訛したものと言わています。「渋ツ沢」は、至仏山の北側を流れる猫又川(尾瀬ヶ原を流れる)に注ぐムジナ沢の別名で、沢に露出する岩石が酸化されて赤渋色を呈しているからと言わています。


至仏山山頂周辺の気温

山頂気温
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温(℃)
-7.3
-6.6
-2.9
4.5
11.1
14.5
17.9
19.3
14.4
8.3
2.4
-3.7
平均気温(℃)
-11.3
-10.9
-7.7
-1.8
4.3
8.5
12.1
13.0
8.8
2.4
-3.2
-8.1
最低気温(℃)
-14.5
-15.3
-12.2
-5.8
-1.8
3.3
7.6
8.4
4.6
-2.2
-7.5
-12.1

至仏山へ登るための装備と服装

季節により変動する登山用具/装備品
用具・装備
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ツェルト
×
×
×
×
×
×
×
×
×
ストック
スパッツ
×
×
×
×
×
×
×
手袋
×
×
×
×
サングラス
軽アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
12本歯アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
ピッケル
×
×
×
×
×
×
×
テント
×
×
×
×
×
×
ワカン・スノーシュー
×
×
×
×
×
×
×

至仏山の登山情報を共有しましょう

至仏山地図

クリックで拡大

至仏山登山口までのアクセス(公共交通機関)


至仏山登山口周辺の山小屋


次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
百名山ライブカメラ

百名山ライブカメラ

更新情報を配信
広告

至仏山の天気

日本百名山の天気

至仏山地図

至仏山は
「14 尾瀬 燧ケ岳・至仏山 」に収録されています。
山岳保険
登山装備