槍ヶ岳】 東鎌尾根(西岳〜槍ヶ岳) その1

トラバース部。トラバース区間に実際に入ってみると、遠目から見るのとは違って、谷側の傾斜は緩く、登山道の幅も十分あり、さほどの高度感はありません。