立山】 大日岳 その1

三等三角点のある標高2606メートルの奥大日岳山頂は、深く落ち込んだ東大谷の先に巨大な岩塊の先端を天を突いて聳える剱岳の絶好の展望地です。ちょうど山頂直下には氷河によって出来たカールも認められています。