日本アルプス登山ルートガイド-核心部のルート案内
Home北アルプス南アルプス中央アルプス八ヶ岳富士山百名山登山ガイド山小屋アルバイト

日本アルプス登山ルートガイド > 北アルプス > 針ノ木岳

北アルプス山小屋情報アクセス・交通機関高山植物きのこ温泉情報
ルート

白馬岳

唐松岳

五竜岳

鹿島槍ヶ岳

爺ヶ岳

針ノ木岳

烏帽子岳

栂池自然園

剱岳

立山

薬師岳

黒部五郎岳

上高地

槍ヶ岳

南岳

穂高岳

霞沢岳

焼岳

笠ヶ岳

燕岳

蝶ヶ岳

常念岳

乗鞍岳

御嶽山



針ノ木岳(はりのきだけ)
9月18日 針ノ木雪渓ノドの雪渓崩壊の様子
9月18日 針ノ木雪渓のノドと呼ばれる部分の雪渓の崩壊。
ここは、左岸(右側)の山側を巻き、雪渓上部に出ます。アイゼンは八月までは必要でしょう。
また、針ノ木岳とスバリ岳間は、岩陵帯の通過です。特に難所はなく、黒部湖側の眺望が大変良いルートです。

針ノ木雪渓

針ノ木雪渓を上り、針ノ木峠を経由する
針ノ木雪渓を登る針ノ木岳

針ノ木岳〜スバリ岳〜赤沢岳〜鳴沢岳

展望良好な岩場とハイマツ帯の稜線を歩く
針ノ木岳〜スバリ岳〜赤沢岳〜鳴沢岳〜岩小屋沢岳

登山ツアー

針ノ木岳登山ツアー

針ノ木岳登山ルート概要

針ノ木岳は後立山連峰の最南端に位置し、日本二百名山に選ばれている標高2,821mの山です。針ノ木小屋が建つ針ノ木峠でコマクサが豊富な蓮華岳と対峙しています。梓林太郎の推理小説「針ノ木岳殺人事件」でも耳にしたことがあるかもしれません。

ルートは扇沢を登山口として、日本三大雪渓(白馬大雪渓、針ノ木雪、剱沢雪渓)の一つ、針ノ木雪渓を登り、針ノ木峠から山頂を目指すのが一般的です。針ノ木雪渓は、高瀬川支流の篭川の上流部に出来た雪渓で、八月までは雪渓上を直登りするためアイゼンが必要です。
9月以降になると雪渓の崩壊が進み、左岸、右岸の山側を巻いて登るように登山道が作られています。雪渓の状態は入山前に大沢小屋、針ノ木小屋に確認することが重要です。※アイゼンを大沢小屋で借りて、針ノ木小屋に返すサービスがあります。

また、後立山連峰縦走路として爺ヶ岳〜岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳と稜線を南下して針ノ木岳に至るルートも大変変化に富んでいます。柏原新道を使えば、扇沢から一泊二日あるいは二泊三日の周回コースを組めるため、マイカー登山に向いています。ただし、岩小屋沢岳と鳴沢岳の鞍部に建つ新越山荘の営業期間が短いので事前確認して登山計画を立てる必要があります。

針ノ木岳慎太郎祭
慎太郎祭は、毎年6月第1週の日曜日に登山シーズン到来を告げる開山祭も兼ねて針ノ木雪渓において開催されます。祭典は午前9時30分から挙行され、記念登山として針ノ木峠へ上ります。参加費用は1人2000円(保険料・記念バッジ・山の歌集・おしるこ含む)です。名前の由来になった百瀬慎太郎は、大町の旅館対山舘を経営する傍ら、日本最初の山岳案内人組合を結成、大沢小屋と針ノ木小屋を建てるなど、近代登山に多大なる影響を与えた人物です。

登山届の提出
長野県のホームページで携帯やパソコンから出来ます。また、扇沢登山口にも登山ポストが設置されています。

立山ロープウェイ山頂駅の大観峰から黒部渓谷を挟んでスバリ岳と針ノ木岳を望む

黒部渓谷を挟んで左からスバリ岳と針ノ木岳

針ノ木岳山頂周辺の気温

 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温(℃)
-9.8
-8.9
-4.7
4.0
9.4
12.4
15.6
17.3
12.3
6.4
0.4
-6.0
平均気温(℃)
-13.9
-13.3
-10.0
-3.1
2.7
8.7
10.3
11.4
7.0
0.3
-5.5
-11.0
最低気温(℃)
-18.5
-18.6
-15.0
-9.2
-3.3
1.7
6.1
6.9
2.8
-1.5
-8.4
-13.4

針ノ木岳へ登るための装備と服装

季節により変動する登山用具/装備品
 
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ツェルト
ストック
スパッツ
手袋
サングラス
軽アイゼン
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
12本歯アイゼン
×
×
×
×
×
ピッケル
×
×
×
×
×
×
テント
×
×
×
×
×
×

針ノ木峠の歴史

針ノ木峠は針ノ木岳と蓮華岳の鞍部にある標高2536メートルで、長野県と富山県の境に位置しています。南アルプスの三伏峠(標高2580m )に次いで日本第2位の高さを有している峠です。

針ノ木峠を越える道は、信州から越中・立山方面方面へ抜ける最短ルートとして古くから使われていました。

室町時代以前には信州、越中の商人が交易の為に通った道、立山信仰が盛んになり、信州の人々が「立山詣で」に裏参道として使った信仰の道、漁師や杣人が山の恵みを求めて使った道。

江戸時代になると、北アルプスのほぼ全域が加賀藩の領地で、御縮山(おしまりやま)として一般人の入山を禁じていました。しかし、針ノ木峠を越える道は、立山参詣をする信州の人々が通行していたようです。

明治時代に入ると、百瀬慎太郎による大沢小屋・針ノ木小屋などが建設され、近代登山が幕を開け、スポーツ、レジャーとしての道として役割を果たすようになります。

また、戦国時代の西暦1584年の冬、佐々成政が、富山から北アルプスを越え浜松へ行ったとする伝承があります。その時に使ったルートが針ノ木峠ではないかとする説が有力です。



針ノ木岳登山口までのアクセス(公共交通機関)

扇沢 >>関東(東京・新宿)からの扇沢までのアクセス/駐車場の詳細情報

>>関西(大阪・京都)・名古屋から扇沢までのアクセス/駐車場の詳細情報

針ノ木岳周辺の山小屋

大沢小屋、針ノ木小屋


次はどこの山へ行こうかな。行きたい山がすぐに見つかる。

日本アルプス登山ルートガイド さんの Pinterest プロフィールにアクセスしましょう。

facebookもチェック

google+ページもチェック

Translate
北ア・ライブカメラ

山のライブカメラ

針ノ木岳の天気

更新情報を配信
針ノ木岳 地図

登山 地図

針ノ木岳は
「37.鹿島槍・五竜岳 北アルプス」に収録されています。
山岳保険
登山装備
広告